カテゴリ:大阪人講座( 2 )
【第2回大阪人講座】いわんでもええことを暴露ってしまうのが大阪人のサダメ。
ちょっとご無沙汰です。
昨日は、朝→足打って、昼→頭打って、夜→階段から落ちる始末。
挙句の果てに母から「あんた、カーディガン裏返しやで。」
なんと情けない一日でした。
月曜日に、原稿の催促にとクライアントさんのお尻を叩いて来たのが
昨日は階段に尻を叩かれた私です。(痛いです。)
…。

又、やってしまいました。
自分の評価を下げるような事でもつい話したくなる
いわんでもええことを暴露ってしまうのが、大阪人のサダメ。
というわけで、このブログのカテゴリを【第2回大阪人講座(独断と偏見ですが)】
と致します。
いいことでも悪いことでもとにかく自慢したくなる点では、前回の
「言い訳と安さ自慢は紙一重。」と似ていますね。

今日のおさらい
【いわんでもええことを暴露ってしまうのが、大阪人のサダメ】
では、又。
[PR]
by tictoc | 2005-04-21 00:15 | 大阪人講座
【第1回大阪人講座】 「言い訳と安さ自慢は紙一重。」
と、ついカニの安さ自慢をしたついでに【第1回大阪人講座】を致しましょう。
「言い訳と 安さ自慢は 紙一重。」

我ながら素晴らしい一句ですね~。関心はさておき、
大阪人の言い訳と自慢を分析してみましょう。

「この服、安かってん~。」と買ってきたA子さん

まだ、この時点では、言い訳なのか、自慢なのかわかりません。
これが【自慢話】の場合は、
(この価格でこの素晴らしい服を手に入れたのよ~。何処で手に入れたか聞きたい?)
という気持ちですね。
じゃ、【言い訳】の場合はどうでしょう。
(安かったから問題ないでしょ。これ以上とやかく言わないで!)という気持ち。
これは、見せる相手にわかってもらえない物を買ってきた時や、
安いという理由だけで何も考えず、買ってきてしまった時に使います。

又、自慢したはずが、相手に同意されなかった場合は、
「と、東京では倍の値段するんやで!」
などと全く根拠のないコトバを付け足す事が多いので注意しましょう。

この違いが分かれば、大阪人を理解する為の道を1っ歩進んだといえますね。
では、今日はこの辺で。
[PR]
by tictoc | 2004-11-18 00:16 | 大阪人講座